私の本棚

happypeas.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:ティルのこと( 10 )

子犬の去勢

早いものでティルは8か月になりました。体重は3.3㎏。歯も生え変わってすっかり成犬に近くなってきました。

うちでは病気のリスクを軽減するためにも去勢することはもう決めてあったので、時期だけ先生と相談して今日に。
抜けていない乳歯もあったのでそれも一緒に抜いてもらうことになりました。
全身麻酔なので昨晩から絶食。今朝は7:00以降お水も飲めません。
いつもは朝のお散歩から帰り、足を洗ってドライヤーするともらえるごほうびもないので、すごーく不思議そうな顔をして「ほら、ママいつものあれ、どうなってるんですかね?」と首をかしげてまとわりついていましたが仕方ないので見てみないふり。こっちもつらいですが仕方ありません(-_-;)
朝の9:30にお預けして、その後血液検査を経ての手術だったようですが、緊張しちゃってティルは失禁しちゃったみたいです💦
それでも麻酔は良く効いて目覚めも良く、覚めたらすぐに立ち上がって元気に吠えたりしてたみたいですね。5時過ぎにお迎えに行くと「クゥーンクゥーン」とすっかり甘えた声を出してしっぽを振っていました。「とってもおりこうさんでしたよ」と褒められて、抗生剤と半年分のフィラリア予防のお薬ももらいお会計は「6万900円です😨」
相場より高い去勢手術代には理由があり、通常2週間ほどつけなければいけないエリザベスカラーをしないで済む縫合の病院なんですね。麻酔の仕方も一般的なやり方ではなく、あまり犬に負担のかからない方法をとっている為に通常相場の約2倍なんですね~
まぁ、去勢は1度きりのことですし、エリザベスカラーのストレスから解放してあげられるなら仕方ないお値段でしょう。抜糸も必要ないし、確かに傷口もとっても綺麗でした。ティルもほんの少し違和感はあるようでちょっと気にしてはいますが、なめたりはしてませんから大丈夫みたいですね。すっかりお疲れです。
c0159874_20475691.jpg

by happypeas3 | 2014-06-20 20:49 | ティルのこと

歯が抜けました!

あと1週間で7ケ月目に入るティル。ひっぱりっこ遊びをしていたら、急に口をモグモグしているので「あら?」と思って口を開けてみたら2mmくらいの可愛い小さな歯が抜けて、血が出てました。下にはもう新しい歯がスタンバイ。ちょっとずつ成長しています。
元々性格の良い子ですが、この頃「本当にいい子が来てくれたなぁ」と思うことが多いです。
例えば・・・お散歩中に吠えられてもしっぽは立ってて、吠え返したりせずどんな犬種にもフレンドリーですし、私たちが食事中は膝に乗れないのでソファーに行ってお利口にしています。お留守番するときは少しクゥーンクゥーンと鳴きますが、ドアを閉めたら後は静かにしています。時々「ワン」と一声だけ大きく鳴くことがありますが、「ダメよ」というとちゃんとわかった顔をしてその後は吠えません。人に対しても同じです。
座り込みの多かったお散歩も、シャキシャキ歩くようになってきて、こちらも楽しく歩けるようになってきました。
家の中では相変わらずどこにでもついてきますが、自分の時間もちゃんと持てています。
主従関係にこだわったしつけをあまりしていなかったのに、わがままもなく心身ともにすくすく育ってくれて嬉しい限り。最近読んだこの本で「この子が幸せそうにしてくれているのがうちの家族にとっても一番嬉しいことだな」と改めて感じました。
c0159874_08412596.jpg

by happypeas3 | 2014-03-31 08:41 | ティルのこと

2回目トリミング&お散歩でのギャー

早いものでティルは丸5か月になり、6か月目に入ります。この時期は人間で言うところの反抗期が始まる頃だとも言われていますが、今のところ特に反抗的な態度もなく(笑)毎日余計なことばかりしてくれますが楽しく暮らしてます。体重は2.3キロになりました。
家の中で見ていると大きくなったなぁ、と思うのですが、お散歩に行くと「ちっちゃ~い」とよく声をかけられますのでまだまだ小さいんですね。
先日、2回目のトリミングに出しました。前回が初めてだったのであまり毛も切ってもらえず「まず慣れる」という感じだったので、またもや毛がボサボサに伸びタヌキのようになってましたから今回は「結構短めでお願いします。顔周りもしっかり切ってください。あと、耳の中の毛も抜いておいてください」とお願いしておきました。夕方帰宅した息子が「あれ?ティルは?」というので「まだトリミング」というと「うちってこんなに静かだったっけ?何だか火が消えたようだね」と言うので「ほんとよね。ティルがいると何だか落ち着かないことが多いけど、それってすごく幸せかもね」としみじみしちゃいました。
そう話していた矢先にティルは何だか(怒)マークの顔でご帰還。私と目も合わせず、触ろうとしても体を引き、落ち着かないので庭に出したら狂ったように走り回り、シャンプーしたばかりの身体を地面に散々こすりつけてやっと気が済んだみたい💦多分、散々なことをされちゃったので「こんな目にあわせてママめ~」と私に怒っていたようです(笑)
c0159874_07435402.jpg
毛に隠れてわからなかったけど、実は随分マズルが伸びてたんですね!お兄ちゃんらしい顔つきになってきました。
c0159874_07462383.jpg
そうそう、先日お散歩に行った時のことです。まだまだ落ち着きのないお散歩で、やたら地面をクンクンしているのはいつものことですが、何だか小枝みたいなものをくわえてモグモグしているので「ダメよ!」と口を払ったら私の手に違和感が・・・
ティルが加えていたものは、ミイラ状になった小鳥の足でした025.gif「ギャーッ」と思わず叫んだ私は、だたの変な人だったと思います(-_-;)
本当に思いがけないことばかり起こりますが、毎日退屈しません。

by happypeas3 | 2014-03-09 07:52 | ティルのこと

この表情ったらっ!

c0159874_17103287.jpg
c0159874_17104936.jpg
c0159874_17113464.jpg
c0159874_17105856.jpg


by happypeas3 | 2014-02-22 17:12 | ティルのこと | Trackback | Comments(2)

子犬の1日

ティルの朝は早いです。一番早い時で4時💦クゥーンクゥーンという甘え鳴きとジャンプして天井の網に頭がぶつかるドンドンという和太鼓のような音で始まります。しばらくほっとくと、一回静かになってまた騒ぎ出して・・・の繰り返しで5:30頃、こっちが根負けして起きるパターン。最近はやっと5:40くらいになってくれたので寝不足から解放されました。
ケージから出ると、まず膝の上で3分ほど甘えてから家の中を歩き出します。まとわりつくティルをかわしつつ、水を替えトイレシーツを替え、すぐにウンチするのでその処理をしてから遊ばせます。まだ子犬なので夜中にウンチしちゃってることもあるし、何故かオシッコで手がびしょ濡れになってることもあったりして朝一で手足を洗ってドライヤーをかけなきゃいけないことも・・・起きた瞬間から忙しいです。
そして朝ご飯とお弁当を作らなきゃいけないので、朝のエサから少し取り分けてこれに詰めます。夢中で15分ほど遊んでいる間にチャチャっと用事を済ませ、6:40~6:50になったら「ついて」「おすわり」「まて」「ふせ」などをやらせていよいよご飯。
c0159874_09522974.jpg
家族がみんな出かけると、天気が良ければ庭で走り回り、悪ければエナジーロープやボールで相手をし、スリッカーでブラッシング、歯磨きをします。週一で耳掃除も加わります。
犬が歯磨き?と思いましたが、今はワンちゃんも長生きなので歯のケアはとても大切らしいです。
子犬は乳歯なのでまだいいんですけど(半年くらいで永久歯に生え変わる)、慣れさせる意味で毎日やっています。ティルはこの歯磨きタイムが大好きなので、この歯ブラシを見せるといそいそ膝に乗ってくるのは何とも可愛いですよ♪
c0159874_09594828.jpg
歯磨きが済むと午前中必須のお世話は終了です。ここからは好きに家中を探索したり、まとわりついてイタズラしたり、お天気が良ければ散歩に行ったり、眠ったり、と気ままに夕方まで過ごし、また朝と同じことをもう一度やって、夜10:00にエサを食べ、トイレを済ませたら10:30頃には就寝です。ケージに布をかぶせたら、朝までは静か。
「はーやれやれ」と私も自分の部屋へ引き上げます(^^;)
 

by happypeas3 | 2014-02-15 10:16 | ティルのこと

第2回パピー教室&3回目ワクチン接種

週末、2回目のパピー教室に参加してきました。ティルもそうですが、他のワンちゃんも少し慣れてきた感じで先週よりはいい感じで触れ合いタイムを持てていました。意外だったのが、ティルの大胆さ。好奇心いっぱいで、自分より大きなワンちゃんにも動じません。トレーナーの先生にもお隣のママにもしっぽフリフリで、人見知りもほとんどなし。慣れるのが早いわ~058.gif
デモストレーションでも模範的な動きで褒められていました。うんうん、今のところ初の子犬育ては順調だね、と夫と一安心。
今回は「おいで」「おすわり」「アイコンタクト」「落ち着きのない時の対処法」「甘噛み対策」などの指導でした。おいでがなかなかうまくいかなかったのですが、教えて頂いた方法だとうまくいくように!これから毎日根気強く続けていかなければいけません。
面白いのですが、パピー教室に来てる人は全員「パパ」と「ママ」と呼ばれます(笑)これが、違和感がないんですよ。私達もティルちゃんのパパとママと呼ばれてますし、他の人のことも抵抗なくそう呼んじゃってます018.gif
実は犬を飼う前は「あーゆーのってよくわかんないノリだよね」と思っていたのに、人ってコロッと変われるもんです。服を着せるのも「?」と思っていたのに、今では「今日は寒いから」とモフモフのコートを着せたりしちゃってますしね💦

翌日は3回目のワクチン接種です。これが済めば、いよいよお散歩デビューもトリミングデビューもできるので「やれやれ」という気分。さすがに前回の病院は変えることにしました。結果→先生によって、こんなに違うの?!というくらい、事前の説明や対応がとても丁寧でした。都会に住んでいる犬なら(しょっちゅうアウトドアで山へ行くとかでなければ)5種で充分病気の予防はできるし、犬への副作用と負担を考えても5種をすすめています、との話で「ワクチンショックで命を落とすようなことがあったら、幸せにかわいがられるために来た犬が何のために生まれてきたの?と飼い主さんにも犬にとってもあってあならない状態になっちゃうので」との先生の見解に「これからここをホームドクターにしよう」と決めました。
大きなワンちゃんがたくさんいたのと、初めての場所と人だったのでブルブル震えて怖がっていましたが、5分くらいたつとしっぽフリフリ~し始めて、注射も全く嫌がらずにケロリとしていましたよ。
2回目ワクチンの時は、帰宅してからの抱っこで痛そうにキャイン、キャインと鳴いていたのに、今回はいつもと全く変わらず元気いっぱいで過ごしていたことも含め、改めて前の病院への不信感が湧いてきましたが、とにかく無事にワクチンプログラムを終えることができてホッとしました。

by happypeas3 | 2014-01-14 09:56 | ティルのこと

第1回パピー教室

年末年始はティルのおかげで賑やかな日々でした。
新年明けてすぐ、パピー教室に参加してきました。お正月休み中にもかかわらず、8頭のパピーが集まっていました~!みなさんとっても熱心で、ほとんど家族全員で参加されていることにビックリ005.gif
いやぁ、本当にワンちゃんって新しい家族として迎えられているんですね。どの子も大切に可愛がられているのがよーくわかります。チワワ、トイプー、シュナウザーの3犬種に集中していたので、ご挨拶もしやすい雰囲気。ほとんどパピーさんはたくさんの犬に会うこと自体が初体験なので、おとなしいおとなしい037.gif
誰も前に出ていかなくて、飼い主さんの足元にベターっとしちゃっておかしかったです。
トレーナーさんからのお話は皆さんのそれぞれの悩みにお答えする形で進みます。トイレトレーニング、無駄吠え、臆病、甘噛み、甘え鳴きetc・・・だいたい悩みは一緒なんですよね~。やっぱり可愛いからついつい構ってしまうし甘やかしちゃうのが原因ってことが多い。うちも頑張って「無視する時間」と「遊びの時間」の区切りはつけてはいますが、これってかなり無理してます💦
もっと遊びたいし、構いたいのはやまやまだけど、ずっと家にいられるわけじゃないので構いすぎるのは後々犬にとってストレスになるのがわかっているので我慢我慢です。
我が家の悩みも、随分減ったとはいえ甘噛みですね~。まだ歯が生えそろってないのでそんなに痛くないと言えば痛くないのですが「ま、いっか~」と許しているとクセになって「手は噛んでもいいもの」と認識しちゃうんです。トレーナーさんからは「噛めるもの与えて遊んであげてください」と聞いていたのでミトンを使ったり、布ボール、ロープなどで遊んであげる一方で噛んだ瞬間に「ダメ」と言い続けることで、来たばかりの時に比べると1/5くらいになりました。
あとは「あすわり」「ふせ」「ハウス」がほとんどできるようになってきました。トイプーは頭がいいと聞いてはいましたが、本当によーくこちらの言うことがわかっています。
興奮を鎮める方法や犬の特性などを聞くことができて、とってもタメになりました。あと3回、他のパピーさんに会うのを楽しみにしつつ、ティルの成長を見守りたいです。
c0159874_17361122.jpg

by happypeas3 | 2014-01-06 17:42 | ティルのこと

犬を飼うということは・・・

以前から「犬のいる生活って楽しいんだろうな~」と安易に思っていました。だって、私が接する友人・知人のワンちゃんは本当にかわいくて、おりこうな犬ばかり。だから「犬を育てる」っていうことが、あまりピンときていませんでした。
世話は大変なんだろうな、とは思っていたけど「しつけを一からしていく」ってことがよくわからなかったんですね。
トイプードルは見た目がぬいぐるみのようなので、おとなしくて愛らしい犬だという印象が先立ちますが、実際飼ってみてわかったのはすごーく活発な犬だってこと。遊ぶの大好き!走るの大好き!そして、ピョンピョンとよく跳ねます。
c0159874_08355829.jpg
ラッキーなことにティルは夜泣きもせず、無駄吠えもほとんどなく、トイレもまずまず失敗はなく、初めてにしては手のかからないパピーさんですが、しつけがね・・・毎日根気強くしなくちゃいけないので「子育てと一緒だわ・・・」と感じることは多いです。嫌がる首輪とリードの練習、トイレトレーニング、ハウスに自分から行く練習、おすわり、と毎回遊びの中に少しづつ入れていかなくちゃいけません。(5分~10程度)あとは甘噛みは絶対に叱るので、何度も「ダメ!」という羽目になるのも疲れます(--;)
噛むのはどうしても本能的なものなので、毎度「ダメ」と言われると「そうだったよ・・・」みたいな顔をして止めるのですが、遊んでいるうちにまた忘れ→叱られ→そうだった、そうだったの繰り返しです。
「1歳までは大変です」と多くの本に書かれてある通り、時間を取られることは多いので、今まで「犬飼おうよ」「犬いいよ~」と安易に仲良しさんに言っていたセリフは撤回したいと思います。世話としつけは違いました。
(犬とか猫は)すごく感情の交流がある生き物なので時間は当然しっかり取ってあげなきゃいけない存在ですからね。
可愛いから、淋しいから、という理由で飼ってはいけないと度々書かれてあるのも今は心から「納得」です。
東京都福祉保健局が出している「犬を飼うってステキですーか?」というリーフレット(PDFで閲覧できます)がとても良く出来ていて犬を飼おうかどうしようか迷っていらっしゃる方には是非一読していただきたい読み物です。
ティルが来てから、日々、何かしらの成長と発見を感じるのは楽しくて・・・やっぱり犬のいる日常はいいですよ。
c0159874_09044199.jpg




by happypeas3 | 2013-12-27 09:11 | ティルのこと

子犬のワクチン接種2回目

子犬は飼い主の手元に来る前に、たいてい1回目のワクチン接種を済ませています。(2種ワクチンがほとんど)そして生後2か月半頃にもう一度3か月半頃もう一度(獣医んさんの判断による)打ってから、狂犬病の予防接種があるので(これは法律で義務付けられている)生後1年以内に4回注射をすることになります。
何も知らないティルさん、最初に健康診断を受けた病院に連れていかれました。病院に着くと、大きなワンちゃんばかりなので信じられないくらいお行儀がいいのです(笑)
注射はあっという間に終わって「全然鳴かなくておりこうだったね」とみんなに褒められたのですが、痛くないはずの爪切りで大暴れしてました(^^;)大人3人であやしながら、切ってくれました。
家に帰ってしばらくは疲れたのと、注射とで爆睡していたので気にしていなかったのですが、夕方になってゲージの外に出たときに抱っこしたら今まで聞いたことのないような「キャンキャン」という悲鳴のような鳴き声だったのでびっくりして「どうしたの?」と心配していたら、どうやら注射を打ったところが痛いみたい。すぐにハウスに入れ、ネットで検索したら「ワクチンショック」という症状があることを知りました。注射して15分以内で症状が出るようなので「ワクチンショック」ではないと判断できましたが、具合が悪い場合は吐いたり、何日かごはんが食べられなかったりするみたいですね。
ティルの場合は患部が痛む症状のようで(人間でもありますよね)、ひとまず安心しましたが「いつも通りご飯を食べるか?」「お腹の調子は?」と確認できるまで心配になりました。
初めてのこととはいえ「ワクチンは当然打つもの」とあまりよく考えもせず接種させてしまったことを悪かったな~と反省しました。
打ったのは8種ワクチンだったのですが、これも子犬には負担が大きいみたい・・・接種後すぐに帰されちゃったし(本来は30分くらい病院で様子を見るみたい)、事前に副作用説明も何もなかったし、今回のことで「あそこの病院はやめておこう」と思いました。動物大好き!って感じの豪快な先生だったのでよかったんですけどね。
幸い痛がったのは当日だけで、翌日はそっと撫でてみても何も言わなかったので大丈夫でしたが、これからもこんなことばっかりされてちゃ、病院嫌いになっちゃうよね~とかわいそうになります。
怖い病気から守ってあげるためには仕方ないことですが、ワクチン接種はよく考えてから慎重に相談のうえ行った方がいいと思いました。(小型犬は特に)あと、獣医さん選びも慎重にですね。
by happypeas3 | 2013-12-23 12:47 | ティルのこと

ワンちゃん初心者

犬を飼うにあたって、やっぱり一番に考えたのは「10年以上を共にする家族を迎えるんだ」ということ。
何度も頭の中でシュミレーションして、家族とも話し(特に夫)「やっていけそうだ」と思ったから飼うことにしました。
そこでまず決めなきゃいけないのが犬種です。毛が抜けず、臭いもなく、しつけがしやすいという条件では今トイプーがダントツの人気を誇っています。マルチーズなんかもその条件に合っていますが、今あまり見かけないんですよね。

迎えるにあたって、2冊ほど「しつけ・飼い方」の本を読みました。そしてケージ、トイレ、キャリー、ペットシーツ、ヒーター、給水器、ケージ用マット、おもちゃ、エサ用食器、コルクマットを購入しました。
コルクマットはフローリングが滑りやすいのでケガを防止するためです。
迎えてからの1週間はとにかく慣れてもらうことを中心に・・・あまり構いすぎないように気を付けました。うちに来て3日目には獣医さんで健康診断を受け、検便をしてもらい、次のワクチンの日程を決めました。
「来た日からトイレのしつけはしてください」とどの本にも書いてあるのですが、こちらもどうしていいかわかりませんから、とにかくジーッと観察して、うまくできたらワサワサ~と寄っていってほめるしかできません。
1週間が過ぎて、外で遊ばせていると、一瞬のスキでそこ、ここに粗相をするようになってしまいました。
そこで、今はゲージ外に出した時に一緒にトイレを出して、そわそわし始めたら「ここよ。シーはここ」と指さすと自ら行ってくれるようになりました。そして、成功したらめちゃくちゃほめてあげます。
この方法で成功率はぐっと上がりました。例えば失敗したとしても「赤ちゃんだから仕方ない」とカリカリしないことが大切ですね。
エサはまだふやかしたものを3回にわけて与えています。うちの子はエサをガツガツ食べるタイプではなく、遊び食べしてしまうので、エサを置いたら視界から消えるようにして、エサに集中してもらうようにしています。
あと気を付けるのは気温と湿度。気温はいつも26、7度で湿度は50%程度にするようにしています。
光熱費が通常の倍は跳ね上がりますが、子犬には大切なことなので仕方ありません。
来月からはパピー教室でしつけ教室に参加します。それまでには首輪とリードにも少し慣れさせなくちゃいけないかな~と思っています。
今の悩みは甘噛みです!これについてはまた次回。

by happypeas3 | 2013-12-18 19:21 | ティルのこと | Trackback