私の本棚

happypeas.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:美術館( 14 )

横浜デパート美術館をはしご

「花のラファエロ」「バラのレンブラント」とも呼ばれたルドゥーテのバラの絵は目にしたことがあったものの(バッグ、タオル、マグカップなど、優雅系マダムに人気のグッズが多いですもんね)実物画を見るのは初めてだったので楽しんできました。
初夏のバラの季節にぴったりで、香り立つような緻密さと柔らかな色彩に瞠目するばかり・・・
c0159874_852563.jpg

優雅な気持ちになった後は、思いっきり「和」テイストで・・・実はこちらが本命でした。一度畠中画伯の絵を見てみたかったのです。ビビットな色彩とインドの風を感じることのできる日本画はとても印象的。畠中画伯に法相柱の絵を依頼した住職さんのお目の高さ!今の時代ともマッチし、仏典にも通じていらっしゃる適任者は他にはいらっしゃいませんもんね。ご自身も熱心な仏教徒であり、インド美術史をご研究されている知識の深みが作品を通じて伝わってくるものが多かったです。
新しくなる興福寺、機会があれば是非足を運びたいと思いました。阿修羅像も大好きですし!
c0159874_8161941.jpg

by Happypeas3 | 2017-05-27 08:16 | 美術館

デンマークデザイン展@横須賀美術館

初めて行きました、横須賀美術館。海のそばの丘に建つスタイリッシュなデザインの白い大きな箱。
こーんなにお洒落で、自然採光の柔らかさと景色の美しさを生かした美術館もめずらしいです。
c0159874_791726.jpg
c0159874_792895.jpg

ここは谷口六郎さんの作品所蔵で有名ですが、今やっている展示会もまずまず。日本でもおなじみのロングセラーのデザインが多いので目新しさはなかったけれど、北欧デザインのシンプルで機能的な流れを一通り見ることができるのは良かったです。最後のブースで椅子の試し座りができるのですが、どの椅子も座り心地抜群で「家に欲しい!」と思うものばかり。
c0159874_7103816.jpg

実は、ここを訪れたメインの目的は併設レストランのアクアマーレ。最高の景色を眺めつつ、レベルの高いイタリアンを堪能できるので有名です。週末はもちろん激混みらしいのですが、平日も満席でした。この季節はテラス席が最高に気持ちいい~(@^^)/~~~足元に小鳥もチラチラして、海風を感じることができました。お料理は評判通りパスタもピッツァもレベル高い!フリットもデザートもとっても美味しかったですし、サービスも抜群でした。
c0159874_715692.jpg

by Happypeas3 | 2017-05-19 07:17 | 美術館

暁斎展@bunkamuraミュージアム

世界屈指の暁斎コレクター、ゴールドマン氏所蔵の作品。本当に美しく保存管理された多岐にわたる作品群を見るにつけ「こうして日本での評価が低かったものを海外の人が掘り出し、長く守ってくれていることは本当に本当にありがたいことだなぁ~」とつくづく感じるのです。(若冲のジョー・プライスさんもその最たるお一人ですもんね)
c0159874_14561973.jpg

発想のおかしさ、今にも通じるユーモアセンス、抜群の色使いと構図の素晴らしさ・・・明治という時代の自由、新しいものを楽しむ雰囲気が伝わる絵が多かったです。逆にそれが日本では軽く見られてしまったのか、海外での評価とは裏腹だったようですね。
c0159874_14592466.jpg

明治期の日本画が最近気になってきました。ちょっと色々画集を見てみようかな、と思えた展示会でした。
by Happypeas3 | 2017-04-10 15:02 | 美術館

京都での若冲~相国寺承天閣美術館~

行って参りました。念願の場所へ。
c0159874_9473378.png
c0159874_9481196.jpg

とにかく素晴らしいの一言。お寺併設らしく入口で履物を脱いで入館です。本当に綺麗で、静かで、日本画を見るのにこれ以上の美術館ってないんじゃないかと思います。お庭も美しく、何時間でも過ごせそう…
若冲の生まれ育った京都、そしてゆかりの寺で見る襖絵は格別でした。朝一で伺ったので、一切音がない、という贅沢の中での鑑賞を満喫。
ふむ、至福の時間。
c0159874_9541258.jpg

余韻冷めやらぬ中、門前脇にあるヤオイソパーラーでロイヤルフルーツサンドを堪能。あまりの具の大きさに驚く!めっちゃ美味しい~、とつい心の中で関西弁(笑) 色々最高でした。
c0159874_1004040.jpg

by Happypeas3 | 2017-02-28 10:00 | 美術館

秋の六本木② 鈴木其一展

琳派の中でもとりわけ好きな絵師、鈴木其一。今回は「朝顔図屏風」が観られるということでワクワクしていました。
c0159874_2172493.jpg

其一の大好きなところはデザイン性が素晴らしいところ。構図、表装具に至るまでとにかくお洒落。センスが抜群に良くて、遊び心があって、色遣いが素晴らしい。
本当に絵を描くことが好きだったんだな~と、どの作品を観てもそのことが臨場感をもって伝わってくるのです。
「群鶴図屏風」
c0159874_21202034.jpg

展示会最後のこのゾーンが至福の時。
c0159874_2121260.jpg

「朝顔図屏風」は、もちろん圧巻の素晴らしさで飽きることがなかったのですが、展示会初?のこちら「富士千鳥筑波白鷺図屏風」がまた素晴らしかった。(10/3まで)
c0159874_21283185.jpg
右は金地、左は銀地という心憎い一双。個人蔵だそうで「なんと贅沢な!」と思わず。
特に右隻のこの富士の雪の切り取り方。富士を渦巻く千鳥の躍動感と数の凄さ!
c0159874_212857.jpg

「日本人で良かった~」としみじみ思いがこみ上げる展示会です。時代は違えど、同じ四季を感じ、花を愛で、虫の音を聞き、富士山を美しいと思う心が今にも続いているという感じがするからでしょうかね・・・
by Happypeas3 | 2016-09-24 07:15 | 美術館

秋の六本木① ダリ展

20世紀最大の奇才と言われるダリの大展示会。すっごく楽しみにしてました!
c0159874_7411452.jpg

大雨にもかかわらず、結構な混み具合。ほんとに大人気ですよね~!だってやっぱりダリの作品って面白いし、刺激的。見たことも、思いついたこともないものを見せてくれる大芸術家。どんな平凡な物質も、ただそこにあるだけの物体も、ダリという濾過を通れば・・・「!!!」
まず、楽しいのが作品名です。
「皿のない二つの目玉焼きを背に乗せ、ポルトガルパンのかけらを犯そうとしている平凡なフランスパン」
c0159874_745819.jpg

「素早く動いている静物」
c0159874_7465269.jpg

ジュエリーデザイナとしても斬新な作品多いです!(今回の展示会では別のジュエリーが展示されてます)
c0159874_747389.jpg
c0159874_7475131.jpg
c0159874_7553816.jpg

ラファエロの聖母子像も、ダリにかかるとこうなっちゃいます!
「ラファエロの聖母の最高速度」
c0159874_751206.jpg

愛妻ガラを聖母にみたてた「ポルト・リガトの聖母」
c0159874_7524363.jpg

ものすごく心に刺さったのが、広島・長崎の原爆投下を知り衝撃を受けて描いたというこの作品。「ウラニウムと原子による憂鬱な牧歌」
c0159874_754647.jpg

とにかくどの作品も楽しさ、驚き、感嘆、衝撃に満ちていて、夜になっても脳の興奮が収まりませんでした。
by Happypeas3 | 2016-09-23 07:45 | 美術館

メアリーカサット展@横浜美術館

特に興味もなかったのですが、江國香織さんがお好きな画家だということと、日曜美術館に取り上げられていたこともあってプラッと行って来ました。
c0159874_826181.jpg

どの絵もふんわりとした印象派の影響を受けた色遣いと、温かみのある作品ばかり。こういうのが好きな人にはたまらない画風だと思います。カサットが生きた時代は女性が絵描きになるなんて相手にもされなかった時代・・・同時代のマリーブラックモンの「お茶の時間」が私は一番気に入ったのですが、彼女も周囲の「やめろ」という圧力から精神を病み、筆を折ってしまたそうです。
c0159874_8442715.jpg

それは日本でも同じで、多分同じ時代の上村松園や小倉遊亀も相当つらい環境の中で描き続けていたみたいですもんね。(このあたりは宮尾登美子先生の「序の舞」などにくわしく書かれています)このお二人の絵も常設展で観ることができます。
カサットは歌麿にも強く影響されたそうで、日常の切り取り方などは随分参考にしていたみたいです。確かにこういう↓画風は浮世絵を意識したことがうかがえます。
c0159874_8383573.jpg
c0159874_8384632.jpg

彼女はとても挑戦的で、油絵はもちろん、版画や陶芸など色々な手法で「描きたいもの」「納得できるもの」へのアプローチを試みたことがよく伝わってきました。
常設展の方では鏑木清方や片岡球子の秀作も鑑賞することができ、なかなかよい展示会でした。
by Happypeas3 | 2016-09-03 08:42 | 美術館

満喫若冲展@東京都立美術館

今、上野はすごいことになってます。カラバッジョ展、黒田清輝展、そしてこの若冲展!たった1カ月しか開催しないということでTVでもあちらこちらで特集三昧。「尋常じゃない混み具合だろうな」とういことは容易に想像できたけど、世界で一番好きな画家さんだから、どれだけ混んでても行こう!と気合を入れました。
c0159874_14482898.jpg

さて、ここから先はアドバイスも含めての展示会の状況をお伝えします。
まず、絶対にチケットは購入してから行きましょう。オンラインチケットならスマホでOKなので失くす心配もありません。チケットを買うのに1時間は並んでいるようでした。開館は9時半ですが、15分に到着した時点で寛永寺にまで届きそうな最後尾に思わず「嘘でしょ~」と言ったくらいの混み具合です。GW明けの平日でこれですから、これから最終日まではずっとこの人混みが続くと思われます。チケットをその場で買うことになると、1時間並んだ後にこの最後尾に・・・
そして少しお天気が悪い日に行った方がいいかも。晴天の気温が高い日に長蛇の列だと、水分補給、熱中症等の心配も出てきます。でも、傘持参の時は折りたたみを。長い傘は館内に持ち込めないので(これはどこの美術館も同じ)またこれで時間を取られて順番が後ろになります。
本日は入館までに1時間ちょっとかかりました。帰り際(12時前)には待ち時間「160分」となっていたので本持参がオススメなのですが、せっかくなので若冲本はいかがでしょう。最近出た中でこの展覧会にピッタリなのがこちら。これを読んでから実物にご対面すると「あっ、これか」と感じることもできるし「ああ、あれね」と流すこともできます。全てをしっかり見て回るのは至難の業なので、どれかは流して諦めなくちゃいけない気が・・・
c0159874_1515524.jpg

中に入ったら相変わらずのすし詰め状態ですが、目玉の『動植綵絵』(どうしょく さいえ)三十幅ではピークの混み具合です。順番に見るのは諦めて、少しでも空いている場所を見つけて回遊魚のようにグルグルしていれば何枚かは最前列で見ることが来出ます。単眼鏡お持ちの方は必須です。お土産も会計で10分~15分待ちますが、限定物が多いのでついついかごに入れちゃいますね。このお酒は若冲が生きていた300年前からあるという京都・伏見の山本本家のものです。
c0159874_1521275.jpg

お目当ての図録はこの盛況ぶりで完売。一瞬「えー?」と思ったら、館外で予約受付してくれてます。それも送料無料で届けてくれるのでありがたい。ここでもまた受付20~30分ほど待ちます。
c0159874_15233028.jpg

とにかく待つ・待つ・待つの連続ですが「それでも行く価値あるの?」と聞かれたら絶対に行った方がいい!!と断言できます。並んでいる前後左右のお話聞いていると、朝一の新幹線組、昨日から泊りで、なんて方も多くて方言が飛び交ってました。それほどまでしても来る価値はあります!
有名な代表作はもちろん、プライスコレクションも(特に鳥獣花木図屏風!!)初めて見ることが出来ましたし、花鳥版画に代表されるめずらしい版画も見ることもできました。野菜涅槃図も見られて生誕300年にふさわしい豪華絢爛、充実の作品群でした。
熱心な仏教徒だっという若冲の、何ものに対しても温かで隔てのない目線で描かれる生きとし生けるもの・・・若冲の見せてくれる世界は何て美しくて自由なんだろう!と目眩を覚えるほどの幸福感に包まれた時間を過ごすことができますよ✨
by Happypeas3 | 2016-05-10 19:36 | 美術館

桜散る庭

久しぶりの庭園美術館です。新館が出来たとのことで楽しみにしていました。
c0159874_9422374.jpg

お題の通り、ガレ作品だけで野の草花や虫を巡ることができました。ただでさえ素晴らしい作品を、このお屋敷の雰囲気の中で見ることができるんですから、それはそれは贅沢で静かでゆったりとした時間を過ごすことができます。時折窓から見える桜散る風景も情緒的。
c0159874_9492099.jpg

そしてこの新館。とっても洗練されたデザインで採光も多く、大きなサンルームといった風情です。宮内省の管轄で設計されたようですが、シンプルながら美しい。そしてシャンパンカフェが中にあるのもお洒落です。
c0159874_9525726.jpg

もう一つの目的はフルーツパーラー「リーベル」でのモーニング。フルーツサンドモーニングが1000円以下で食べられるなんて幸せ~ですが、朝から行列ができてます。
c0159874_1012670.jpg
そしてこの時期のあまおうとピスタチオのケーキ。ピスタチオクリームがかき消されるほどのいちごの多さ、甘酸っぱさ。結構な大きさなので最後のほうはイチゴ疲れしてくるケーキでした(笑)こちらは1ピース1300円くらいだったかな?
c0159874_958938.jpg

by Happypeas3 | 2016-04-12 09:59 | 美術館

宮川香山展@サントリー美術館

とっても楽しみにしていた展示会にやっと足を運ぶことができました。
c0159874_20365682.jpg

真葛焼き(高浮彫)を知ったのはもう20年くらい前なのですが、なかなかまとめて見る機会を逃していたので本当に待ちに待った!という感じでした。期待以上の素晴らしい作品の数々に、ただただ感嘆のため息がもれるばかり。名手なんてものじゃなく、まさに神の手を感じました。
発想の自由さ、家で熊、鷹、うずらを飼ってまで精巧な極みを目指した職人の胆力、世界に認められた技術の高さ・・・どの作品からもそのパワーがみなぎって伝わってきます。
以前から気になっていたロイヤルコペンハーゲンとの類似はやっぱり感じましたね。お互いにとても意識しあって、高めあっていた関係なんだなぁと思いました。例えばこの作品は初代香山のもの。
c0159874_2044238.jpg

そしてこれはアンティークのコペンハーゲンに見られる作品群のひとつ。完全にインスパイアされてますよね・・・
c0159874_20445060.jpg

逆にこの香山作品のブルーはコペンハーゲンを彷彿とさせます。
c0159874_20524355.jpg

そもそも海外では小動物や植物を主役のモチーフとして用いる習慣がなかったそうなんですよ。それが日本の根付文化や陶器、絵画に描かれている蟹、小魚、虫、鳥、季節の花々で伝わったらしいです。そう考えるとコペンハーゲンのフィギュリンシリーズも香山の流れから始まったのかな?なんて想像してしまいます。
とにかくどの作品も圧巻でしたが、意外にも最盛期のデコラティブな高浮彫のゴージャスなものより、晩年の釉薬による色の美しさにこだわった作品群にぐっと心を掴まれました。
今はもう廃窯になってしまった「幻の日本の美」を多くの方に知ってほしい、と心から思いました。
by Happypeas3 | 2016-03-27 20:56 | 美術館