私の本棚

happypeas.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

カテゴリ:息子( 31 )

最後の「う」

息子の学校は高校2年で全ての行事が終了します。その為、今日は学生最後の運動会となりました。
今まで当たり前に秋にあった運動会・・・「もう、これで終わりなんだ」とちょっぴり感慨深い。
中1の二人三脚やリレーに本当に癒されますね~かわいいの、何の。「息子達も5年前はこんなにみんなをほっこりさせてたのにね~」とお友達ママと笑い合いました。
恒例の棒倒しや騎馬戦はやっぱり迫力がありました。色別対抗のダンスも見応えがありました。
横浜の学校なのでここは崎陽軒のお弁当でしょう!と調べたら、今日まで1週間のみ限定「ひょうちゃん還暦弁当」なるものを見つけたのでお友達と早く行ってゲット。神奈川の名産が入ってる特別バージョンで、通常青いひょうちゃんの醤油入れは還暦なので赤いちゃんちゃんこを着てました。みんなで表情の違うひょうちゃんを並べてみたり、海苔の佃煮でお絵かきできるようになっているのでそれぞれのメッセージを書いて写メに撮り「いい運動会記念になったね」と楽しいお昼になりました。
c0159874_18345852.jpg

by Happypeas3 | 2015-09-30 18:36 | 息子

何よりのプレゼント

この連休中に誕生日を迎えました。
お金のない息子「誕生日どうしようか」と言っていたので「夕食作ってくれればいいよ」と返していました。数日前からメニュー決め、それに合わせて買い物しておき、いよいよ当日。台所はお任せして、夫と私はお出かけついでにバケットとデザートを買って帰りました。
パスタ程度なら何度か作っていたけど、息子一人でサラダ、スープ、メインなんて作るのは生まれて初めてのこと。「品数少ない割りに意外と手間が大変なんだね」と言いつつ悪戦苦闘していました。ちょこちょこお手伝いして、アドバイスして、散らかし放題ながら盛り付けまでちゃんとやって、素敵なディナーが出来ました。
・海鮮マリネのサラダ
・パンプキンスープ
・チーズ入りミートボールのトマトバジルソールかけ
c0159874_1522560.jpg

こんな料理まで作れるようになって、本当に大きくなったな~と感激しつつ舌鼓をうちました。
反抗期は大変だったし、何を考えてるのかわからないことも増えたけど、子供との時間が一番楽しいのは子育て後半の高校・大学時代のような気が最近つくづくしています。「小さい頃は本当に可愛くて良かった」というママもいるけれど、私は一度もそう思ったことがないんですよね。
個体としてはもちろん小さい方が可愛くて素直だったけど、今の方が本音で話せて人間同士の付き合いができるから、ずっとずっと楽しい。
何よりのプレゼント、ありがとね??
by Happypeas3 | 2015-09-23 15:48 | 息子

もう高校生だから

せっかくの夏休み、観てほしい映画、読んでほしい本がたくさんあって、無駄だと思いつつ息子にオススメしています。ここ何年かは「はいはい」と無視されていましたが、今年はめずらしくオススメしたものをちょこっと受け入れてくれて「あらー、意外。でも嬉しい」と思っています。
やっと読んでくれた谷崎。ま、これが入り口なのは正解かもしれませんね(笑)もう谷崎の描写も解禁なお年頃。耽美な世界に旅立ってくれればいいのに・・・そして三島へGO!してくれたらねぇ。
c0159874_8513736.jpg

週末家族で観ました。中学生ではやっぱりまだ無理。この年だから理解できたと思います。観終って言葉もない息子。ひどく刺さったものがあったようで、黙り込んでいました。
c0159874_853754.jpg

こちら秋に家族で観劇予定のミュージカルの元になってるフレッドアステアの代表作。これも大感動してました。「さすがマイケルの尊敬してた人だけあるわー」と。
c0159874_901826.jpg

色々忙しいだろうけど、やっぱり高校生のうちにたくさん吸収して欲しいことあります。
by Happypeas3 | 2015-08-03 09:03 | 息子

子供の巣立ちは瞬く間に・・・

先週中学を卒業した息子は、日を空けずニュージーランドのホームステイに旅立ちました。
出発前日まで全く「寂しい」とか「心配」とかしていなかったのに、出発の朝になって突然ストンと悲しくなって少し涙が出ました。
成田までも一人で行くという息子の成長に「ああ、本当に大きくなったんだなぁ」という感慨と「子供と一緒にいられる時間の何と短いことよ」という実感で切なくなってしまったんです。
初めて人様のお宅に長期でお世話になる上に、言葉もあまり通じない場所に行く。15歳ってそんなことができる年なんだな・・・と本当にしみじみしました。
彼と共に生活できるのは多分あと3年。
9年一緒に暮らした文鳥が亡くなった時にも感じたことですが、家族が一緒に過ごせるってことは当たり前じゃなく、恵まれた時間をほんのひととき与えられているんだと。「早く大きくな~れ」と思っていたあの幼児期の何と遠いことか・・・
桜が散る頃帰国する息子はきっとたくましくなってくることでしょう。
そして、私達親は息子との時間を1日1日大切に過ごす気持ちを強くして彼を迎えることでしょう。
本来なら静まり返っているはずの我が家にティルがいてくれることの何とありがたいことか!
c0159874_20520606.jpg

by happypeas3 | 2014-03-23 20:52 | 息子

息子の手仕事

学校行事で金沢に行っていた息子が「はい、お土産」とくれました。
和菓子作りの体験をしてきたそう。
何だか色々と心すり減ることの多い思春期の子育てですが、たまにこんなこともあります。
とてもやさしい口当たりで美味しくて・・ちょっと涙が出る味でした。
c0159874_13583389.jpg

by happypeas3 | 2013-10-26 14:08 | 息子

本を読まない中学生

街に赤々と咲き誇るサルスベリ。我が家の庭でも満開です。
「サルスベリってさぁ、百日咲くから百日紅って書くんだよ、知ってた?」と息子に言うと「サルスベリって何?」と言う。
毎日毎日食事するテーブルからこんなにも見えているのに?テラスの掃除を頼んでいるから(休み中のお手伝いで)毎日庭に出てるのに?「ああ、満開だね、きれいだね」って私が毎日言っているのに?
阿呆なのかな・・・そう、バカでもアホでもなく「あほう」という言葉がぴったり。うん、きっと阿呆なんだと思いました。
「あのさ、駅に行く途中、うるさいくらい咲いてるじゃない?あっちにもこっちにも。おまけに目の前にもあるんだよ」と言うと「見てないし。興味ないし」と言う。
「え?あのさ、道を歩いてて「蝉うるさいな」「ああ、ここにこんな花咲いてるな」「小さい子暑そうだな」とかそういうことって見たり感じたりしないわけ?」
「しない。ずっと下見てる。気づいたら駅」
同じ家に暮らしているのに遠い感じがしました。そう、この頃言葉にできない違和感が息子との間にあった。
それは反抗期とかそういうものじゃなく、言葉が通じない感じ・・・あまりにもクールで無感動な言動に対して。
ボキャブリーの貧困さ、主語もなく、いきなり単語で始まるよくわからないセリフとか。
「何のことかわからない」「意味がわからない」って言うと途端に不機嫌になる態度とか。

この夏、息子と海外を旅した夫も同じことを感じていて(感動がない。興味も持たない。何見てもへぇ、って程度だったらしい)2人で「何だろう?何なんだろう?」って話して、自分達の中学時代も思い返して決定的に違うことに気づきました。
息子はほとんど本を読まない中学生だってことに!(小学生の時は普通に読んでたのに)
毎日決まった友達と、気の合う会話で笑っている。家でご飯食べて寝て、学校で授業受けて友達としゃべって部活して、メールして、宿題して、TV見て。
ものすごく慣れた小さい世界だけが全てになってしまっている。
この世の中には色々なことがあって、みんなもがいたり、悩んだり、苦しんだりしてるってことがわからない。知ろうともしない。あと4年ちょっとでそんなまんま大学生になるのか~と思ったら驚いてしまいました。
私と夫が出会ったのは10代の終わりで、好きな本の話で意気投合したものです。当然のように三島、谷崎、太宰、漱石、鴎外の名前は出ていたし、海外文学でもブロンテ、オルコット、シェークスピア、パールバック、トルストイ、ドストエフスキーなんかは普通に出ていたと思います。別にそれが特別なことだとは思わなかったし、普通だと思ってました。
ある晩、息子と話しました。最近私たちが感じていた違和感について。そして、解決策について。
「つまんなくても、合わなくても、理解できなくても、とにかく名作といわれるものは黙って読むの。読んで読んで読みまくってそれでも「俺、興味ないし」って言うのはいい。ああ、そう、いいよ、それは君の価値観だものってこっちも言える。とにかく、本をほとんど読んでもない人と、これから深い話しができるのか?生活できるのか?って考えたときパパとママの答えはノーだという結論に至りました。これはこの家に生まれた宿命だと思ってあきらめてちょうだい。
高3は受験だから、実質読めるのは高2まで。それまでに100冊は最低名作を読んでから、持論があるなら語ってちょうだいよ。こっちもちゃんと聞く耳持つよ。経験はなくても、基礎教養はある子供が言ってることなんだから、こっちも真剣に対応するよ。その頃には、季節の花にも気づかないような感覚もきっとなくなってると思うから」そう言いました。
黙って部屋を出て行った息子。翌日から本を読み始めてました。
by happypeas3 | 2012-08-29 07:37 | 息子 | Trackback | Comments(8)

13歳のショートケーキ

        クリーム少なめのゴテゴテしてないショートケーキとのリクエスト。
c0159874_8292354.jpg

     お店予約する?ううん。パパの小籠包が食べたい、ってことで夫は腕まくり。
   自慢の1品はゼラチンで固めたスープ入りの本格派。一口で食べるのが醍醐味。
c0159874_8341919.jpg

  本つげの駒を奮発。錦旗という書体が好きらしい。笑えるくらい興奮してました(笑)
c0159874_8374933.jpg

by happypeas3 | 2012-01-30 08:42 | 息子 | Trackback | Comments(4)

MAKE CITY シリーズ

気に入ったクラフトキットを見つけると、後先考えず買っちゃいます。だって「うちには作ってくれる人がいる!」から~♪で、すごーく迷惑がられます(爆)
「これって作り手のことを全く考えてないひどい代物なわけ!見たらわかんないかな?怒」とイラつかれたこのシリーズ。でもさ、やっぱり可愛いよ、すごく。
c0159874_9261944.jpg

           見て~手に乗るサイズのムーランルージュ♪キャ~♡
c0159874_929824.jpg

              ロンドンシリーズには激ギレしていたな・・・
c0159874_9311814.jpg

         息子を泣かせたフィッシュ&チップスのポテト(--)ごめんね。
c0159874_9322057.jpg

                実はバス狙いだったのよ~ララーン♪
c0159874_9331641.jpg

何なの!?このゴリラ!!と再びキレるニューヨーク。キングコング知らないの?(^^;)
c0159874_9363817.jpg

  スタンドのお兄ちゃんにもイライラ。私にはこの細かさがたまらないっ!んだけど・・・
c0159874_942581.jpg

現地でもお土産品で販売されているそうです。設計者はもちろん日本人。
あ、ちなみにTOKYOも作ってもらって、秋葉原の通行人と雷門の提灯と握り寿司のトリプル攻撃で「もーやだ」とサジを投げられました(苦笑)
by happypeas3 | 2012-01-17 09:48 | 息子 | Trackback | Comments(5)

可愛い子には漫画を読ませよ!?

何か偏ったイメージなんですけど「中高生はいい漫画を読む時期」だと勝手にすごく思っていて(笑)同じ世代には共通する漫画があって「そうそう」とか「懐かしい~」ってことから話しが弾むこともあるわけですが、息子は漫画読まないんですよ。自分からは、全く。
小学生の時も「これは読んどいた方がいいよ」と私がドラゴンボールとドラえもんを調達したくらい(爆)だから、ポケモンともワンピースともNARUTOとも無縁です。
でもねー、今や「MANGA」は日本文化として世界に認知されているものだし、例えば留学先で同世代の子に「キミのオススメ漫画は何?」とか聞かれて「いや、僕は漫画を読まないんだ」「Why?日本人なのに??」なんて流れになるとマズイのでは?とか色々妄想が広がり、勝手にオススメ漫画を調達しては読ませてます。

言わずと知れた大人気作品。これは普段漫画を読まない夫も読んで笑ってましたね~
日本っていい国だな、って素直に思えます。だって、イエスとブッダが立川で共同生活・・・海外じゃ色々難しい設定でしょう(笑)手塚治虫短篇賞受賞。
c0159874_8595674.jpg

将棋部の息子にはストーリーより試合内容の方に興味あったようですが、揺れる10代を上手に描いた作品で、これからの展開も楽しみです。今年の漫画大賞受賞。
c0159874_935626.jpg

これもお風呂を通じて日本の良さを感じさせてくれる作品。古代ローマを身近に感じます。手塚治虫短篇賞と講談社漫画大賞をダブル受賞。来年は上戸彩ちゃんと阿部寛さんで映画化もされるそうですね。
c0159874_9112433.jpg

よしながさんの作品では「大奥」よりこっちの方が好き。人生とごはんって密接だわ~
c0159874_918336.jpg

しかし、オススメしたものしか読まず、派生していかないのはいいのか悪いのか・・・(^^;)
宇宙兄弟も面白いらしいんだけどね~まぁ、これで「Why?」とは言われないかなぁ?
by happypeas3 | 2011-12-19 09:28 | 息子 | Trackback

おこづかいの使い道

まんまとメーカーの思惑にはまっているうちの息子・・・(^^;)すっぱいものは苦手なくせに、毎日体を震わせながら飲んでいるのが笑えます。その甲斐あって、先日100名にしか当たらないKARAサイン付CDを見事に当てました~!元が取れて良かったね\(^^)/
c0159874_9183441.jpg

by happypeas3 | 2011-12-08 09:20 | 息子 | Trackback