私の本棚

happypeas.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

うーん…

読後「あれ?これって芥川候補だったっけ?直木賞の方じゃなくて?」と思ったくらい、何というか深みのない作品でした。今村さんなのに?びっくり。
同じ新興宗教に傾倒している人物を描くにしても、角田さんの「八日目の蝉」みたいな迫力ある作品がすでに存在しているだけに物足りない。描写が少なすぎて、情景が浮かびにくい。ボワッとした輪郭だけで終わってしまいました。「あひる」が素晴らしくて、期待が大きかっただけに残念です。
c0159874_21042778.jpg

# by Happypeas3 | 2017-11-29 21:05 |

賞は取れなかったけど

図書館で見かけて「これって、確か何年か前に芥川候補になってるって話題だったっけ」と手に取りました。せいこうさんらしい芸達者ぶりが文章には満ち満ちているのだけど、楽しいながらも切なく、悲しく、苦しくなるページも所々あり、震災を題材にした小説として真摯な作品でした。この本を読みながら、何度も「風の電話」を思い出していました。岩手の大槌にある、電話ボックスです。みんな会えなくなってしまった愛しい人と話をしにこの電話ボックスにやってきます。みんな、愛しい死者の声に耳を澄ませに…
読み終えると、この装丁がしみじみと「ぴったりだなぁ」と思いました。
c0159874_13374391.jpg

# by Happypeas3 | 2017-11-26 13:38 |

危機管理を考える

先日、パナマ文書を報道した記者が殺害されました。スノーデン氏が無事であることが改めて凄いことだと思います。
すっかり生活に密着しているSNSや電子マネー決済。便利、という理由だけで使っている方がほとんどだと思うのですが、その裏にある「情報収集されるサンプル」としてのリスクを考えている人はどれくらいいるんだろう?と思うことがあります。
スノーデン事件があって、いつもそのことが頭にあり、気軽にそういうツールを利用できない自分がいます。島国日本人にそもそも定着しにくい危機管理という意識。
いい加減、こういう感覚を「普通」に持たなくちゃいけない時代なんですよね…
c0159874_10020018.jpg

# by Happypeas3 | 2017-11-23 10:02 |

シャガール@東京ステーションギャラリー

3次元シャガールが見られるということで、改装後初、久々のステーションギャラリーです。若い頃、何となく「シャガールが好き」というのは恥ずかしい気がしていたのは何だったんだろう?(笑)あまりにメルヘンチックなイメージだったからなのか…
しかし、この年になって改めて見直すと「こんなに宗教画家の側面が強かったんだ」とか「亡命していたから、この郷愁を感じる意味合いの絵なのかぁ」とか、昔とは全く違うイメージで捉えることができました。洋画を見るにあたり、聖書はやっぱり読んで概要は頭に入れておくべきですね。理解度が全く違ってきますもんね。
彫刻や、陶器、ブロンズといった立体になっても、シャガールワールドはそのまんまでした。展示としてはめずらしく、まじかで(ケース等なし)360度から観賞できるのが良かったですね~
c0159874_14450625.jpg

# by Happypeas3 | 2017-11-22 15:00 | 美術館

コウノドリ

ファーストシーズンから見ていて、毎週毎週泣いてしまうこのドラマ。中でも先週の5話にはもう、嗚咽、号泣でした。というのも、私自身切迫早産で8か月検診から出産後まで入院していたので、まざまざとあの状況がよみがえってきたからです。
c0159874_12401813.jpg
いつもの定期健診通りに出かけたつもりが、そのまま即入院。24時間点滴と安静で過ごしました。段々針を刺す血管もなくなって、最後は手の甲や足の甲に点滴針を刺しました。(腕は針の痕であざだらけ)寝返り打つ時も、点滴チューブをさばきながらでしたし、シャワーはもちろんお風呂も入れません。10日に1度くらい、苦しくない仰向けの体勢で看護婦さんが頭を洗ってくれました。私の通院していた産婦人科は個人病院だったので、全員個室入院で、話し相手はいないし、太るし、動くとお腹がすぐに張るので「つらいな~」と思いつつ日々過ごしていたことを思い出します。最後の方には点滴の副作用で私に喘息のような症状が出てきてしまい、咳が増え、呼吸が苦しくなる回数が増えたので、予定より少し早い出産になりました。出産後、息子にはチアノーゼが出て1週間は保育器に入っていましたが、検査の結果幸い何事もなく母子揃って退院することができました。
自分の経験上、本当に出産は最後の最後まで何が起こるかわかりません。それを踏まえて「どう?生まれた?」とこちらから声をかけることは絶対にしなかったですね。「無事生まれたよ」と報告があると「あぁ、本当に本当によかったね。おめでとう」と思います。
当たり前に生まれてくる命なんてない。たくさんの幸運と奇跡が重なって、命がこの世に誕生することを毎週感じさせてもらってます。

# by Happypeas3 | 2017-11-16 12:51 | TV