私の本棚

happypeas.exblog.jp
ブログトップ | ログイン

答えが見つからない「どうして」

本の題名は被害者の受けた傷の回数からきています。
あまりにも有名なこの少年事件。どうしてあそこまで全国の人々の興味と共感があの河川敷に集まったのか…石井さんが本当にくわしく取材なさっていることで、事件の詳細を理解することができました。みんな感じたはずなんですよね「なんでこんなことが起こるんだろう?」って。
正直、読んでみても答えはどこにもなくて…わからないままでした。
ただ、被害者の父親の感じた日本の法の矛盾、被害者や残された家族へのあまりにもおざなりなほったらかしように比べて、何と加害者はこれからの生活の権利を保障されていることか、という怒りと悲しみはしんしんと伝わってきて…言葉がありませんでした。
c0159874_16325193.jpg

by Happypeas3 | 2018-09-17 16:33 |